業務の生産性を大きく変える社員のITスキル

社員のITスキルは、業務の生産性に大きく影響します。

■ITの普及度合いに比べて、社員のITスキルは低い

ITが社会に浸透してかなり経ちました。

企業の業務でも、多くの場合で、
何らかの形でITを利用しているはずです。

しかし、ITの普及度合いと比べて
それを使う社員のITスキルは、
意外な程低いことが珍しくありません。

そして、このことを実は眼に見えないコストを
増大させている可能性があります。

少し想像していただきたいのですが、

もし、英語を使わざるを得ない業務があり、
でも英語の読み書きに難がある場合、
その業務の生産性はどうなるでしょうか?

ITスキルが未熟なまま、ITを使って業務を遂行するのは、
イメージとしてはそれに近いです。

■ITスキルの違いが生産性を格段に変える

これは実際にあった話です。

ある企業の社員がExcelを使って
業務記録用の用紙の書式を作成していました。

ところが、Excelの操作に慣れていなかったため、
書式を作成するだけで数時間かかったそうです。

内容を伺うと、Excelにある程度精通していれば、
15分程度で終わる作業でした。

他にも、沢山のデータの中から、
〇〇という文字を××に書き換える作業に、
やはり2~3時間をケースもありました。

置換という機能を知っていれば、
数秒で、しかも漏れなく正確に終えられる作業です。

知っている人間にとっては、

・え、そんなこと!?

と驚くような内容なのですが、こういったケースは、
特に小さな企業では、意外な程たくさんあります。

■教育コストか、目に見えないコストか

そもそも、社員教育の中にIT教育を組み込む余裕が無い、
といった事情もあるかとは思います。

しかし、冒頭の例であげましたが、

仮に英語が必須の業務をやらせるのに、
英語が未熟なまま、放置しておくでしょうか?

辞書を片手に業務を遂行していては、
まともな生産性は出ないでしょう。

ある程度、英語の読み書きができる社員を使うか、
そんな社員が居ないならば、教育をするのではないでしょうか。

ITスキルも同じです。

確かに、社員教育には時間とコストがかかります。

しかし、ITスキルが未熟なまま業務に当たらせるのは、
もしかしたらそれ以上に、目に見えないコストが発生しているかもしれません。

一度、そういった観点で社員のIT教育を考えてみてください。