低予算でシステム導入したい中小企業の最初の一歩

低予算でシステム導入するために、まず考えておきたいことについて書きます。

中小零細企業で、何とかうちもシステム導入して
業務を効率化したいとお考えの経営者、システム担当者の方は
結構たくさんいらっしゃるかと思います。

まず、システム導入にあたってやらないでいただきたいのは
「大々的に業務全体を一気にシステム化すること」です。

大きなシステム導入をやろうとすると
次のような手順を踏んでいくことになります。

・経営戦略やIT戦略を明確化し、IT化計画に落し込む
・現状の業務フローとあるべき姿の業務フローを作成する
・システム導入の範囲を決め、要件を明確にする
・業者に見積依頼し、発注先を選定する
・システムを開発する
・作業担当者を教育する
・現状のデータを新システムに移行する
・テスト運用を経て、本番運用を開始する

これだけのことをやれる予算と体力があるなら
是非、やってください。

ただ、低予算に抑えないといけないし
システム導入に避ける人的要員もあまり…

という状態でしたら、こういったプロセスは避けた方が良いです。

ITシステムの活用の仕方は、大小様々です。

低予算に押さえて、極一部分に導入するだけでも
解決したい問題によっては十分に効果を発揮します。

まずは、
・紙に記入した値の集計が大変だ
・大量の書類から過去の資料を探すのに時間がかかっている
・何度も同じことをExcelやWordに記入している

といった現場レベルの困りごとを探して
限定的なシステム導入を検討するのが良いでしょう。

最初は低予算で導入し、システムとの付き合い方が慣れてきたら
もう少しだけ本格的なシステム導入を検討すれば良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA