中小企業にとってのIT予算の立て方(2):一段上のITシステムを構築するために

中小企業にとってのIT予算の立て方について、ポイントを書きたいと思います。

中小企業の場合、次の2つの視点からIT予算の計画を立てると良いでしょう。

(1)現状の業務を滞らせないために、ITシステムを正常に稼働させ続けるための予算
(2)問題を解決・改善し、一段上のITシステムを構築するための予算

潤沢な予算があるわけではないでしょうから
メインの使い方は前者のものになりますが、かといって
後者を放置していては、ITシステムを企業の成長へと繋げるのは難しくなります。

IT予算の一部だけでも良いですので、少しずつ
問題を解決・改善しながら一段上のITシステムを目指したいところです。

それでは、一段上のITシステムを目指すなら
どういった観点でIT予算の計画を立てると良いのでしょうか?

ここでは3つのポイントをあげておきたいと思います。

1つ目は、低コストな代替サービスへの乗り換えです。

IT企業が提供しているサービスには
大抵、競合他者による代替サービスが存在します。

是非、今使っているサービスを他業者のものと比較検討してください。

中には、今と同じかそれ以上の質で
今より安いコストで使えるものがあるはずです。

初期導入費用で初年度は高くつく場合もありますが
3~5年のランニングコストでみれば安くなる、というケースもあります。

質が大して低下しない、あるいは低下しても実体上問題ないのであれば
低コストなサービスへ置き換えることは、積極的にやりたいところです。

2つ目は、現場の業務効率を低下させている
ボトルネックとなっている箇所の改善です。

現在のITシステムのまずさから効率を低下させていることもあれば
そもそもIT化されていないので効率が悪いとこともあるでしょう。

ITは道具です。

道具は、それがあることで便利になるから
今までできなかったことができるようになるから、使うものです。

業務効率の改善は、ITシステムの得意とする分野の1つですので
いきなり大々的な改善は無理でも、複数年かけながら
計画的に取り組んでいくことを検討してください。

3つ目は、意思決定の迅速化を目指す情報システムの構築です。

業務中に発生した情報を可能な限り早くデータ化し、共有・蓄積する。

そしてそれを必要なタイミングで必要な形で取り出し
意思決定の場面で利用する。

そんな情報システムを構築することができれば
企業の経営をしっかりとサポートできます。

先にあげた2つの改善が先になるかとは思いますが
可能ならばここまで考慮したIT予算を立てておきたいものです。

以上、前回と合わせて、IT予算の立て方についてお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA